ダニ さされ

ダニさされによる被害はかなり多いようです。 ダニにさされるケースは、日本ではかなり多くなっています。
理由としては、ダニの生息環境に原因があります。 ダニが住み着く環境は、高温多湿で餌があるところです。 例えば、人のふけやあかなどが付着している布団やじゅうたんです。 ペットがいる家庭でもよくなります。

ダニさされ対策の商品はこちら
スポンサードリンク

通常、ただのダニは人を刺したりはしません。布団などには住み着きますが、糞や死骸がアトピーなどのアレルギー症状を引き起こすくらいです。
問題なのが、そのダニを食べるツメダニです。
このツメダニが人に危害を加えます。例えば、かゆみや腫れ、赤いぶつぶつ跡の症状の写真や画像を見たことはないでしょうか。 ツメダニによる被害は、以前は夏によく起こっていたのですが、最近では、一年中起こりやすくなっています。
その理由としては、暖房器具などでツメダニが生息しやすい環境になったことが理由となっています。 つめだには、蚤(ノミ)による虫刺されよりも厄介です。なかなかいなくなってくれません。
対処法としては、布団や絨毯を入念に掃除する。布団は蚤(ノミ)、ダニが生息できないように定期的に干す。
布団などはたたいたりはしない方がいいでしょう。中からダニなどが出てきてしまうので逆に症状を悪化させてしまう可能性があります。

ダニ 虫さされ

ダニによる虫さされは、人によって症状がことなります。
家ダニは、バルサンなどの殺虫剤のようなものをつかってもいいのですが、なかなか布団などの奥までは浸透してくれません。 ですので、掃除と日光で干すことを繰り返した方がいいでしょう。
特に、赤ちゃんがいる家庭は掃除を欠かさない用がいいでしょう。 家の中には、ほこりなどが常に舞っている状態になっています。その中に蚤(ノミ)、家ダニの死骸やふんが混じっている可能性もあり、 アレルギーの原因になります。
バルサンのようなもので部屋中の虫を駆除する薬を使う場合には、赤ちゃんにも害が少ないものを選んだ方がいいでしょう。 実際にそういう商品もありますので、使用後は、念のため布団を洗ったり部屋の床などを水ぶきしたりしましょう。
虫さされあとを消す場合(方法)には、皮膚科か美容整形に行く必要があるでしょう。 虫さされ跡を掻いたりしなければ、さほどひどいあとにはならずにかゆみや腫れはひいていきます。 症状を医師と相談しながら対処していった方がいでしょう。
よくある虫さされ症状の跡を写真や画像で紹介されていますが、かゆみや腫れがひどい場合には、皮膚科へ行くと 塗り薬と飲み薬を渡されます。 早め早めの対応が必要でしょう。

ダニ さされ