医学部 入学金

医学部の入学金は、医者を志す人やその親御さんにとってはとてもシビアな内容でしょう。
医者になるためには、医学部に入り6年の医学生生活と2年の研修医を終えて晴れて医者になれます。
その最初の難関であるのが、医学部に入学すること。そして、合格した後に待ち受けるのは、医学部の膨大な入学金。 大体、医者になるのは医者の息子かお金持ちの家庭に限られると言われます。

医学部の学費に関する本などはこちら
スポンサードリンク

まれに、普通の家庭からでも医者になる人がいます。それは、どのようにしているかですが、 国立大学の医学部に入学している人たちです。
国立大学医学部の入学金は28万2000円で、年間の授業料が53万5800円で、合計約80万円程です。 公立大学の場合にはこれよりも安い場合があります。
ここに、医学部は教科書やテキスト代など毎年10万以上かかります。奨学金制度を使えば、月々5万円×6年間振り込まれます。
医学部生のアルバイト時給は他の学生よりも高いので 国立大学医学部であれば、入学金と授業料のトータルの学費を自分で払うことができ、生活もできます。
ですので、毎年国立大学医学部の倍率が高くセンター試験と二次試験はとにかくミスをしないような戦いが続きます。 医学部に入れる学生は普通にどこの学部でも受かるようなレベルです。ただし、目指すならやはり国立大学になるでしょう。

医学部 入学金 授業料

医学部の入学金と授業料で問題になってくるのが私立大学医学部の学費です。
私立大学に入学するほとんどの学生が、医者の息子か代議士や社長の事もになっています。 ただし、一部の大学では何とかなるケースもあります。現在、日本には私立医科大学が約29校存在します。
その中で、一番入学金と授業料が安いのが私立大学の医学部の中で偏差値レベルが高い慶応義塾大学医学部です。
慶応義塾大学医学部の入学金は、360万ほどです。授業料で200万円ほどです。 私立大学医学部の特徴として、学費が安いところと偏差値が高いところに学生が集中します。
私立大学医学部で、卒業するまでに、安く見積もっても2000万円ほどかかります。これくらいであれば奨学金とアルバイト、 親の給料でぎりぎりのラインです。初年度の入学金と2年目の入学金の資金を工面できるかがポイントでしょう。 慶応大学医学部と同等の入学金と授業料の学費の大学が順天堂大学です。
東京医科大、東京慈恵会医科大、日本医科大、などなどいくつも大学はありますが、一般的ですが、 私立医大の教育費は卒業するまでに平均9,000万円程度はかかると言われています。 大学は、国の補助金と学生からの学費などで補てんをおこなっています。
補てんを行うのが、学債や寄附です。寄付は一口10万から100万円、高いもので900万円くらいあります。
学債や寄附は義務ではないので払う必要はないのですが、雰囲気的に払わないといけない感じになります。
どうしても出費が多くなってしまいます。医学部へ入学を考えられている方は、この点を考慮されるといいでしょう。