歯医者は口コミがいい!

スポンサードリンク

歯医者を選ぶ際、近所の口コミを参考にする方もいらっしゃるのではないですか?長い付き合いになる歯を治療するのだから、歯医者の腕が良い、病院の雰囲気が良い、歯並びの矯正がとっても上手、治療が本当に痛くない…など、少しでもいい条件のところを探したいですよね。それは、インプラントの治療のできる病院となればなおさら。高額なインプラントの費用を払うんですから、安心できる病院にかかりたいですよね。 今はご近所だけではなくインターネットでも全国のインプラント治療を行っている歯科医院の口コミをまとめているサイトもありますので、調べるのも楽です。 口コミを見ていると、皆さんインプラントの費用の相場もそれなりにしっかり見てはいるようですが、条件としては交通利便や待ち時間は二の次で、治療技術や説明がしっかりしていて、話をしっかり聞いてくれる先生がいることを重視されているようです。

インプラントの歯並びについての本などはこちら

インプラントの費用と保険と矯正について

インプラントの費用は、歯並びの矯正などと同じく保険対応外です。そのため、各地域・歯科医院でも料金設定が異なります。十分に骨が残っている状態で1本埋入のインプラント手術を行う費用として20万かからないところもあれば、50万以上かかるところもあります。これは地域相場・材料費・歯医者の技術費・患者の歯の健康状態などによって前後するものだそうです。 相場としては、一本40万円ほどかかると考えたほうが良いようですが、万単位での治療は家計にも貯金にも大打撃ですから、きちんとインプラントの費用は知っておきたいもの。まずは直接歯医者さんに問い合わせしたほうがいいかと思いますよ。

インプラントの費用と医療費控除について

インプラントの費用は歯並びの矯正治療と同様に保険対応外ですが、医療費控除の対象になることを見逃してはいけません。
医療費控除は一年間に10万円以上の医療費を支払った場合に対象になり、一定の金額を所得税から還付される上、住民税も減額されるようになります。
噛み合わせを良くして歯並びを整え、元気に暮らす為とはいえ、インプラントの費用はただでさえ高額なので、間違いなくこの医療費控除の対象になります。
ちなみにこの控除額は、「一年間の医療費」から「保険金等の受給額」+「所得額の5%(その年の所得の合計が200万円未満の人)か10万円(所得合計が200万円以上の場合)」を引いた額になります。当然、一年間の医療費にはインプラントの費用だけでなく風邪など他の病気の治療費なども含まれます。 そして肝心の所得税の還付金額と住民税の減額金額ですが、計算は先ほど計算した「医療費控除額」から「税率」をかければ計算できるのですがこちらは課税対象になる所得によって細かく変わってきます。
所得税の場合、課税対象となる所得が330万未満の場合10%、330万〜900万未満の場合は20%、900万〜1,800万未満の場合は30%、それ以上の場合は37%を控除額にかけた金額が納付済みの税金から返ってくる還付金額がわかります。。 一方住民税の場合は、課税対象となる所得が200万未満の場合が5%、200万〜700万未満が10%、それ以上の場合は13%を控除額にかけた金額が、翌年の住民税から差し引かれます。 当然ながら、この控除申請には領収書が必要となります。治療が終わったからもういらないとうっかり領収書を捨ててしまうと、せっかく高いインプラントの費用を払った上受けられる控除も受けられなくなりますので、もらった領収書はまとめて保管しておきましょう。

歯並び

歯並びは、きれいに揃っていた方が嬉しいものです。昔から保険適用外ながらも歯並びを治す子どもがたくさんいるのは、そこからきているのではないでしょうか。 インプラントの費用が高額ながらも、ここまでインプラント治療が普及したのは、噛み合わせが良かったり自分の歯を傷つけずにすむと言う理由の他、歯並びをきれいに保てるなどといった、今までの治療では実現できなかった改善点が数多くあるからだと思われます。 従来の治療法には「入れ歯」「ブリッジ」などがありますが、これらは自分自身の残った健康な歯を傷つけたり、歯が抜けた場所の骨がやせていき、その結果歯並びが悪くなるというデメリットもあります。一方インプラントは人体とも親和性の高い人工の歯根を埋め込むので、今まで生えていた歯と同様の噛み合わせが実現できる上、歯並びも改善されるのです。

歯医者とインプラント

歯医者でインプラント手術を行うときに聞かれるのが、「喫煙者か否か」ということです。 もし、あなたがタバコを吸っていてインプラント手術を受けようと思っているのならば要注意!タバコはインプラントの大敵と呼ばれている要注意物質なんです。 インプラント手術の場合人工の歯根を埋め込むのですが、喫煙をしていると歯茎の毛細血管が縮むことで血行が悪くなります。その結果、手術の際の創傷の治りが遅れたり人工歯根と骨の結合が邪魔されるためインプラントの歯が固定されず、手術がうまくいったとしても初期固定が得られず再手術…ということになってしまいます。 この状況を改善する一番の方法は、やはり禁煙です。インプラント手術を行う!と決めたその日から、すぐに禁煙を開始しましょう。そして手術後も1〜2ヶ月、固定した歯が安定するまではとにかく我慢を続けましょう。喫煙者の方にはつらいかもしれませんが、それで歯並びも噛み合わせも良くなるし、何より手術を失敗して高いインプラントの費用をもう一回払うよりは、いいとは思いませんか?