関西大学 インフォメーションシステム

関西大学にはインフォメーションシステムが存在していて、履修登録システム、シラバスシステム、授業支援システムを 利用することができます。
インフォメーションシステムとは、大学からの諸連絡、大学生活で必要な情報をインターネット上で伝達・発信できる 総合教育支援システムのことです。 インフォメーションシステムを使えば、シラバス(授業科目の目的や概要)や履修登録システム(授業科目の修得状況確認)、 授業担当者との双方向のコミュニケーションが取れるため、授業の予習・復習などにも活かすことができます。
インフォメーションシステムを作っている会社は、国内に何社もあり、三菱電機、松下電工、スカイワード、 東芝、サラブレッド、オラクル、ソニー、菱和などです。
関西大学のインフォメーションシステムには、銀行などで使われる国内最高レベルのセキュリティシステムを導入しているため 個人情報漏えいなどにも配慮されています。
関西大学の学生の情報を外に出ないようにセキュリティ面はしっかりしているので安心して使うことができます。

インフォメーションシステムに関する商品などはこちら


スポンサードリンク


インフォメーションシステム 関西大学

インフォメーションシステムの関西大学版の良いところは、パソコンや携帯電話から24時間情報を見ることができる点です。
特に、休講や補講などの授業に関する情報をいちいち大学の掲示板で見ないといけないのでは面倒なので画期的なシステムと言えるでしょう。 また、学生にとって頭を悩ませるのが単位計算で、自分がどの単位をいつまでにどれだけ取ればいいかを入念に確認するものです。
関西大学ではインフォメーションシステムを使えば、そんな無駄なこともなくなるのでとても便利だといえます。
インフォメーションシステムにアクセスするには、利用者IDとパスワードが必要ですので、入学時に配布するパスワード通知書 およびインフォメーション利用手引きを確認する必要があります。
履修登録システムについてですが、履修登録はweb上で原則行います。 登録手続すれば、インフォメーションシステムのトップページから各自の時間割表が学期(セメスター)ごとに表示されるので いつでも確認することができます。
休講・補講などの情報も表示されるのでしっかり確認すべきでしょう。
使い勝手はとてもよく、他の大学にはなかなかないシステムなので関西大学生の特典でしょう。

関西大学 インフォメーションシステム