学資保険

スポンサードリンク

学資保険を契約する際に気になるのが、保険金額と保障内容になると思います。かんぽ生命の場合、 その金額は「学資保険のプラン」「何歳に加入か」「何歳満期か」「生存保険金付きか」「特約もつけるか」という点が 大事になってきます。プランによっては、学資保険に加入させようとしていたお子さんの年齢が対象外で加入できなかった… なんてことにもなりかねないので、注意が必要です。 学資保険の金額ですが、かんぽ生命の場合は新学資保険は50万〜700万(特約ありの場合は100万〜700万)、 新育英学資は100万〜700万となっています。

学資保険の知識に関する本などはこちら

jaゆうちょの生命保険

jaゆうちょ銀行の生命保険部門であるかんぽ生命が出している学資保険商品には「新学資保険」「新育英学資」の二種類があります。 内容としては基本プランの「新学資保険」と、新学資保険に育英年金保障(保険契約者が死亡した日から保険満了日まで 被保険者が生きている時のみ育英年金を払うという保障)を追加した「新育英学資」があるので、 かんぽの学資保険を契約するときはどちらか一つを選択するような形になります。

アフラックとソニー

アフラック、ソニー生命、第一生命、それにかんぽ生命と、学資保険を売りにしている保険会社はたくさんあります。 アフラックの学資保険は15歳と18歳の時に祝金を受け取れまた金額も設定できるようにしており、特約をつけておけば契約者に 万が一があったとき、以降の払い込みが免除されます。出産前から契約もできますが、その分お子さんの契約年齢は(特則なしの場合) 7歳までと、契約期間が短めになっています。一方ソニー生命の学資保険は貯蓄性が高く、保険料や満期学資金を基準に設計が 出来るなどの柔軟な保険のプランを作ることができるのが特徴です。一方かんぽはゆうちょ銀行という強力なバックがあるので、 倒産リスクが少なく安心して契約が出来ます。大きな郵便局ならかんぽの職員がいるので、お金の引き出しや振込みの際に気軽に 相談も出来ます。 色々な保険会社が色々な学資保険プランを打ち出していて、どれを選んでいいのかわからないと悩まれる方も多いかと思います。 まずは各社のコンサルタントに相談して、どのようにプランを練っていけばいいのか考えていくと、設計もラクに進むと思いますよ

比較

比較を行うのは学資保険だけではなく保険全般の契約の時にはとても重要です。インターネットのかんぽ生命ホームページで 簡単な学資保険の見積もりを出せるということでしたので、父親が30歳、子どもが加入年齢1歳・保険金額200万・特約なし・前納なし という条件で、かんぽの学資保険の単純な価格比べをしてみました。 新学資保険は15歳満期で月約120,40円(満期100万)、18歳満期で円9,800円(満期400万)。同じプランでこれに生存保険金を 負荷させると18歳満期は9,920円(満期500万)、22歳満期は9,640円(満期500万)となります。 同じ条件での新育英学資では15歳満期で月約12,400円、18歳満期で10,200円。同じプランでこれに生存保険金を負荷させると 18歳満期は10,320円、22歳満期は10,220円となります(満期の金額は新学資保険と同じです)。これに特約を付加させると、 当然ながら月の保険料は上乗せされますが、びっくりするほど値段が上がるというわけではないので、つけた方が安心といえば安心です。 なお、かんぽ生命の場合は口座振込みにすると数百円ですが保険料がお安く!なります。 上のデータはほんの一例です。ご家族によってお子様の学資保険加入年齢も、保険金額のプランなどもことなってくるでしょうから、 ホームページの見積もりはあくまで目安にして、実際のお見積もりは郵便局のかんぽの担当の方に見ていただくことをおすすめしますよ。

年末調整

年末調整でやれ源泉徴収だ控除だと大騒ぎする時期に入りますね。かんぽ生命では、支払った保険料について生命保険料の控除を 受けることができるんです!当然学資保険だって控除を受けられます。 それに必要な書類は、「かんぽ生命保険・保険料払込証明書」。早いときには9月に届くのでうっかり捨ててしまうと控除を 受けられなくなってしまいますので、ご注意を。これを、会社員の方は年末調整時財務担当部署に、自営業の方は確定申告の際に 税務署に提出してくださいね。 ちなみに控除額は所得税からは最大5万円、住民税からは最高で3万5000円の控除がされます。学資保険は控除対象外だと思っている 方もいらっしゃるようですが、今年からは忘れずに手続きをしましょう。この控除、けっこう大きいですよ。