胡蝶蘭 花言葉

胡蝶蘭の花言葉はいくつかあって、花の色によっても意味は変わってきます。 胡蝶蘭の色に関係なく固定の花言葉は、「幸福が飛んでくる」です。 胡蝶蘭は日本をはじめ欧米各国で人気の高い観葉植物で、今では、品種改良が行われお祝いごとでギフト用に贈られるほどです。 元々は、ジャングルの奥地に咲く花で昔は、一攫千金を狙う「蘭ハンター」というのがいたほど採るのが大変だったようです。 一攫千金を取れるところから「幸福が飛んでくる」という花言葉が生まれたのかもしれません。 他の花言葉の意味としては、「あなたを愛します」(ピンク)、「変わらぬ愛」、「清純」(白)です。 胡蝶蘭名前の由来は、蝶が舞っている様に見えるからだそうですが、とても美しい白の花です。花言葉の意味も理解できます。 日本では、東国原英夫知事で有名な宮崎県が胡蝶蘭の産地として有名のようです。 宮崎県も東国原英夫知事効果で幸せが飛んできていますね。素敵な花言葉。 ちなみに、花言葉の意味は、花の特徴に基づく意味を含ませて古く西洋ではギリシャ神話、キリスト教による宗教的なシンボルが加わって、つけられているようです。 由来は色々とあるようですね。 胡蝶蘭は、東南アジアの諸国(タイやマレーシア)のジャングル(熱帯雨林)に生息していました。 直射日光のあたらない、薄日が半日程度あたる湿度の高い場所育ち、発芽してから花が咲くまで4年以上もかかります。 栽培には最低でも13〜15℃以上保つ必要があるため育て方が難しくなっています。水やりや手入れ、植え替え、光触媒と育て方は 気を使う必要がありそうです。胡蝶蘭の花は30日〜60日と長く楽しむことができます。 胡蝶蘭の花言葉「幸せが飛んでくる」意味からフラワーギフトとしてお祝いやお見舞い、祝福を伝える際に好まれています。 お供えでもつかえます。お花屋さんなどで販売している花は低価格から1万円台のものまでありますので、 どういう意味合いで送るかを考えた方がよいかもしれません。 お祝いとしては、お誕生日、母の日、父の日、還暦、結婚記念日、お見舞い、開店祝い、移転祝い、昇進祝いなどです。 ギフト用に通販でも購入して贈ることができます。

スポンサードリンク

胡蝶蘭の商品はこちら

胡蝶蘭 ギフト

胡蝶蘭をギフトで送る場合には、「幸福が飛んでくる」という花言葉からお祝いやお見舞いなどで贈る際に好まれて使われます。
ギフト用としては、企業向けに贈る際には最低でも3万円くらいかかります。特に、開店祝い、移転祝い、昇進祝いだとこのくらいが 相場になります。激安・格安で済ませたいと考える場合には、胡蝶蘭の本数が少なくなります。 ギフト用で激安・格安タイプでも1万円はどうしてもしてしまいます。 値段は、1万円前後から5万円くらいします。
お誕生日、母の日、父の日、還暦、結婚記念日、お見舞いなどには小さくても気持ちが伝わればいいのではないでしょうか。
胡蝶蘭をギフト用に贈る際に気をつけた方がいいのは、お見舞いの時です。 お見舞いの花は、花言葉以外に注意する点があるのです。
たとえば、香りの強い花や花粉の多い花は病状を悪化させる可能性があります。 椿は花が落ちるときの様子から「首が落ちる」と嫌われます。 根のついた鉢植えも「寝つく」といって嫌われる場合があります。 切り花の本数も、4,9,13本は縁起が悪いので避けた方がいいでしょう。 胡蝶蘭は鉢植えの花なので、お見舞いなどで送る場合には切り花にした方がいいかもしれません。 ミニ胡蝶蘭、ミディ胡蝶蘭が人気です。母の日などに贈る際には、ラッピングしたほうがいいでしょう。 ちなみに、菊を送るのは論外です。菊は「葬儀」を連想させるので看護婦さんが受け取って捨てられる可能性があります。 お見舞いの花の届ける時期は入院直後や手術の前後は避けるのが原則です。病状が落ち着つき回復に向かい始めた頃が最適と言われています。 胡蝶蘭は、開店祝いや開業祝い等の企業向け、誕生日プレゼントや還暦祝い等、喜んでもらえるので、 ギフトとして贈る場合、すこしだけ注意して贈るとよいのかもしれません。