胡蝶蘭 育て方

胡蝶蘭の育て方ですが、東南アジアのタイなどのジャングルに生息していて、本来は手のかからない植物なのですが、 日本などの春夏秋冬と四季がある環境では育て方には工夫が必要になります。
胡蝶蘭(コチョウラン)の管理方法・育て方ですが、以下のようになります。
■水やり
水やりを頻繁に行う根腐れでコチョウランの花が枯れてしまいます。 植え込み材料に水ゴケを使い、表面が乾いて水気が感じられなくなってから水やりをしましょう。
■植え替え
植え替えは、購入後の胡蝶蘭は寄せ植えされているので一株ずつ株分けします。 植え替えをしないで胡蝶蘭を管理すると根腐れを起こすので栽培方法が難しくなります。 水やりは植え替え・株分け後、新芽が出てくるのを確認して与えます。
■植木鉢
植え替えを行う場合、4号以下の鉢を使用してください。 胡蝶蘭(コチョウラン)は、根が鉢内で窮屈に感じる危機感がないと花芽ができません。 大きな鉢だと花芽が遅れてしまいます。
■温度管理
胡蝶蘭の育て方で難しいのが温度管理です。ランには色々な品種・種類がありミニ,ミディ,大輪などがあります。 ランの最適温度は15℃〜30℃くらいまでです。特に気をつけるのが冬です。 冬は最低でも13℃以上は確保して管理してください。育て方を間違うと冬の時点で病気になって花芽・新芽も出ず枯れてしまいます。

スポンサードリンク

胡蝶蘭の商品はこちら

胡蝶蘭 管理

胡蝶蘭の管理は難しいですが、苦労して育てると綺麗な花を咲かせるので感動もひとしおです。 特に、販売している苗を品種や種類、原種などを確認して購入し栽培方法など、光や触媒など確立して花が咲くと今までの苦労した甲斐 があったといえます。
コチョウランの苗は通販などで苗5株セットで3,000円。送料込みでも5,000円ほどで購入できます。 手間暇はかかりますが、一から育てると販売しているランを購入するより激安・格安で手に入れることができます。 コチョウランのギフト用の花の値段は一鉢35,000円程度です。
ランにはミニ,ミディ,大輪などの品種・種類があるのでいくつか育ててみるといいでしょう。管理しやすいランの花が見つかります。 育ったら鑑賞、お祝い、お見舞い、ブーケなど色々な種類で使えるのでとてもお得です。 うまく栽培できたら写真やイラストにしてみるのもいいかもしれません。
コチョウランの造花だと5,000円くらいで購入できます。胡蝶蘭の花言葉「幸せが飛んでくる」ですので、とても気持ちがいいですね。
■肥料
肥料は、固形肥料と液体肥料にわかれます。 固形肥料は、7月初旬に1回置肥後、9月末に取り除きます。 液体肥料6〜9月の間、月に3〜4回、水やり代わりに与えます。
■管理のコツ
胡蝶蘭は1本の花茎に2度花を咲かせることが出来ます。 1つの花が咲き終わったら、花茎から2・3節で花茎を切りましょう。 そうすると、3〜4ヶ月後に新しい花茎が伸びて花を咲かせます。 花は長持ちするのですが、先端まで咲き終えたら株を休ませるために1ヶ月くらいで花茎基部から切り取ります。 これが、キレイな花を咲かせるためのコツになります。
■育て方の注意点
ランは、蒸れると病気になりやすくなります。通気性のよい場所で管理するようにしてください。
胡蝶蘭の育て方は難しいですが、花をつけるととてもきれいです。最初のうちは何回か失敗するかもしれませんが、 何度が挑戦して自分なりの育て方のコツを手に入れましょう。