パナソニック 携帯

パナソニックの携帯は、au、ソフトバンク、ドコモの3キャリアありますが、それぞれのキャリアによってデザインなどが異なります。 CMなどで、パナソニック(Panasonic)は、ワンセグ搭載の携帯電話VIERA(ビエラ)を売りにだしたり、薄さや高級感を売りに出している。 歴代のパナソニックの製品には、携帯電話を一度で開くことができるプッシュ式を起用したり、携帯ジャケットのコーディネータとして 色々なデザインにカスタムできるように着せ替え携帯を登場させたり、カバーを自身でコーディネートできるなど各社に圧倒的な特徴差を 印象付けています。 最近は、パナソニックの携帯電話が納入台数累計が2008年3月末に国内納入1億台達成しました。約29年で達成しています。 最近では、画面のきれいさが売りのVIERA(ビエラ)でワンセグ搭載の携帯で差別化を行っていますが、 音楽を楽しむ人用に着メロや着信音、曲目などを自由に扱えるデジタルプレーヤーや、カーナビとしての役割を持たせたりしています。 あまりの人気で売り切れが続出し、発売当初はオークションで高値で売られていたりします。 携帯電話の電気量が最近多くなったからか充電がすぐに切れるという症状が続いているようです。 携帯の不具合ということではなく、純粋に製品を動かすバッテリーが電力量に耐えられなくなっているようです。 ですので、ワンセグ携帯を持っている人は充電器と電池パックが欠かせないようです。

スポンサードリンク

パナソニック携帯の商品はこちら

パナソニック 携帯 電話

パナソニックの携帯電話は、 au、ソフトバンク、ドコモでそれぞれのキャリアに対応した機種を出しています。 CMでもその特徴が随所にでていて、特にワンセグのCM紹介には力がはいっています。 技術を披露する『CEATEC JAPAN』にて、パナソニックは携帯とVIERAやカーナビの連携機能を紹介しています。 ソフトバンク向けの「921P」のワンセグ機能がすごいようです。 ワンセグの映像は、15fpsで配信されていますが、「P906i」や「921P」にはフレーム補完技術「モバイルWスピード」が搭載されていて、 2倍の30fpsの映像でよりなめらかなワンセグ映像が楽しめるようになりました。 au、ソフトバンク、ドコモでもこの機能のすごさが味わえるので、ぜひ試してみた方がいいかもしれません。 また、デジタル機器との連携機能することもできるようになっていて、携帯電話とホームネットワークを連携させ 玄関のインターホンを外出先からは携帯電話でも玄関の様子が確認できるようだ。 パナソニックは、ある機関の調査によるとワンセグ機能の満足度が1位なのだそうです。 NECやシャープなどを抜いて1位は戦略勝ちによるものが大きいのかもしれません。 2007年よりワンセグのVIERAケータイと薄型携帯で攻めていましたが、今後も勢いは止まりそうもなさそうです。