ペット保険

スポンサードリンク

なぜペット保険なんてものがあるんだ、と思う方もいるかと思いますが、ペットを飼っている方にとってはあると安心なものだったりするんですよ。 その理由に、ペットの治療費は高額だということが挙げられます。骨折して入院したら、治療費もそれなりにかかります。糖尿病やガンになるペットだっています。その場合は病院に通って、診察してもらわなければなりません。 当然ながら健康保険にも入っていないから保険証もありません。治療費が私たちのように3割負担になるわけでもありません。さらに言うと医療基準もないので、高い治療費がかかると家計がとたんに厳しくなってきます。そういう時のための保障として、ペット保険があるんです。 もちろん、ペットの保険料が高すぎてはお話になりません。そのためにもまずは見積もりをもらって、ペット保険がどのようなものなのか知るのもいいことだと思いますよ。

ペット関連商品はこちら

ペット保険のランキング

ペット保険のランキングや一括見積もり請求のページをいくつか見てみると、大体決まった名前の商品が並んでいます。それらを見てみると、重視されるのは治療費の負担率と保険料のようです。 ペットの口コミ情報サイトで統計した結果によると、ペット保険加入率はアニコムの「どうぶつ健保ふぁみりぃ」、アイペットの「うちの子健保」、日本アニマル倶楽部の「The ペット保険プリズム」、ペットメディカルサポートの「PS保険」という順番になっているようです。 しかし、実のところこのランキングの一位は「ペット保険には未加入」なんです。保険は必要はないと思われている方が多いんでしょうが、この先のことを考えると、ペット保険の見積もりだけでももらって検討してもいいかもしれないですね。

見積もり

見積もりを出してもらうにしても、どこの会社が保険を出していて、どこに見積もりの問い合わせをすればいいのかわからない…とお悩みで、保険加入に躊躇している方もいるようです。なかなかご近所の口コミ情報で出てくる話題でもないですし。 インターネットには、保険大手の資料や見積もりをまとめて請求してくれるサイトがあります。これを利用して、色々な会社のプランを比較検討するとご家庭にあったものが見つかってくるかと思います。 また、生命保険同様にペット保険の代理店も存在します。こちらはさまざなな会社は扱わず一社のみを担当している場合が多いようですが、気になる保険の代理店が近所にあるようでしたら相談して見積もりをもらってもいいかもしれませんね。

ランキング

ランキング上位に来るペット保険は、一様に同じようなものではなくそれぞれに違った内容のサービスを売りにしています。ですから、見積もりを検討して契約する際は保険料も当然ですがその「売り」をきちんとチェックすることが重要です。 例えば、日本アニマル倶楽部の「プリズム」は、犬・猫・鳥・うさぎ・フェレットのほかにも爬虫類やハムスター、モルモットなどの小動物にも対応しています。病気に対しても通院・入院・手術・ガン・死亡・高度後遺障害保険金や診断書費用保険金まで負担してくれます。幅広さならこれが一番ですが、補償費用はどんな内容でも定額のために医療費が高額になった場合、少々リスクを負うことになります。 東京海上のペット部門であるのアニコム損保は、爬虫類や小動物、死亡といったケースのケアはありませんが、診療費の50%を負担してくれる上(ただし限度額あり)、しつけなどの相談を受けてくれたり、マイクロチップを使うことによる迷子捜索サービスもしています。ふらりと家出するようなペットがいる家庭には助かるサービスですよね。保険大手の東京海上の商品ということもあり、どこの動物病院でも使うことができるので安心感は抜群です。 アイペットの「うちの子」は、治療費保障が50%か70%かプランを選択できるようになっていて、賠償特約をつけることもできます。ペットを2頭以上契約すると、そのぶんどんどん割引されるのでたくさんペットを飼っている方にはおすすめですね。 ペットメディカルサポートのPS保険の持ち味は、その安さでしょうか。対象になる動物は犬と猫だけなのですが、保障プランが50%か100%と二つあり(限度額・限度日数あり)、一番安いプラン50の猫対象(0〜2歳)のものだと月1,480円というお値段です。 いろいろあって目移りしてしまうことと思いますが、まずは資料請求・お見積もりをしてどれが自分の家に一番あったものなのか、ゆっくり考えてはいかがでしょう?

加入する際には

加入する際に当たって見積もりを作ってもらうことになるのですが、ここでチェックしておきたいのが「どのようなペットか(犬の場合は大きさもポイント)」「何歳か」ということです。ペットの大きさによっても、大きく額が違ってくるんです。大体犬の大きさは成犬時8kg未満、8kg〜25kg、25kg以上の三種類に分かれるようです。 年齢も大きなポイントです。人間と同様、まだ小さな頃に加入したほうが保険料はお安いです。もう一つ問題になってくるのが加入時の年齢の上限。あまり高齢になってからペット保険に契約しようとすると、断られてしまうので注意してくださいね。