抜け毛は病院へ?

スポンサードリンク

抜け毛で病院に行って、皮膚科のお医者様にカミングアウトするのはちょっと恥ずかしい…と、病院行きを躊躇している産後の方、いませんか。 大丈夫です。ちゃんと、産後のこの症状には「分娩後脱毛症」という名前が付いているのです。これは、産後3ヶ月から6ヶ月の間に髪の毛が抜ける症状のことをさしているそうです。なお、これは大体6ヶ月から1年ほどで収まるそうです。 本当に稀なケースですが、高齢出産をされた方で脱毛症の症状が改善されず、薄毛につながってしまった例もあったそうです。いつまで経っても抜け毛が治まらず気になる方は、早めに病院に行って産婦人科か皮膚科に相談してください。

産後の抜け毛対策の商品はこちら

産後の抜け毛について

産後の抜け毛に悩む方はいらっしゃるのではないのでしょうか?いつものようにシャンプーで髪の毛を洗ったら、排水溝に自分の髪の毛がごっそり付いていてショックを受けた…なんて方もいるかと思います。 実際、産後のみならず妊娠中にも抜け毛やフケ、白髪や髪の毛のぱさつきや頭皮がかゆくなる…など、髪の毛のトラブルに悩まされる方はたくさんいます。その数は平均して60%、経産婦さんの二人に一人以上が体験している悩みなんですよ。

産後の抜け毛の理由について

産後の抜け毛には理由があります。それは、ずばり女性ホルモンのせい。 妊娠中は女性ホルモンが多く分泌されます。そのために髪の毛の量が増えて、髪の寿命も伸びて抜けにくくなるのですが(女性に脱毛症の人が少ないのはこのためですね)、出産後このホルモンの量は元に戻ります…つまり、女性ホルモンが今までの状態から激減します。そのために髪の毛の寿命は急に短く、しかも髪の毛の作られる量は少なくなります。そのために、産後にいきなり大量に髪の毛が抜け始めるのです。 理由は他にも、不慣れな赤ちゃんのお世話や、産後の体調も戻っていない中の家事や家族の付き合い等のストレスなどで抜け毛が増える場合もあります。 産後はなにかとあわただしい生活になりますが、無理はしないように心がけるのもこれらの症状を予防する大事なポイントですよ。

抜け毛はシャンプーのせい?

抜け毛とシャンプーは、けっこう密接な関係があります。妊娠中や産後に、愛用のヘアケア製品を使ってみたら頭がかゆくなったりして別のものに変えた方もいるのでは。 妊娠中や産後は、今までとは生活が一変する上に女性ホルモンが増えたり減ったりとホルモンバランスの変化がとても激しい時期です。その影響で頭皮の状態が変化してしまい、今まで使っていたシャンプーの成分が肌に合わなくなったりして抜け毛が起こってしまうこともあるのです。 そんなときは、皮膚に対して低刺激なシャンプーを選んで使うのがおすすめです。また、トラベルサイズなどのミニサイズのものを色々試してみて、自分に合うものを探してもいいかもしれませんね。産後の方におすすめの商品なども、お店では発売されているようですよ。

抜け毛の予防

抜け毛の予防ができるものなら、いくらでもしたいですよね。でも、産後のホルモンバランスによるこの症状に関しては、私たちにはどうしようもありません。半年から1年で症状は治まるので、それまでは「産後のこれはお約束!」と割り切ってしまったほうが気分も楽になりますよ。 それでもなにか産後のためにも対策をしたいという方は、頭皮のケアをすることがお勧めです。驚かれるかもしれませんが、きな粉をシャンプー代わりに使うと、頭皮の余分な油が取れて髪が元気になり、抜け毛が予防できるとか。 もし全く使わなければ料理にも使えますし、頭皮のトラブルが気になる方はきな粉を試してみる価値があるかもしれませんね。