上海 リニアモーター

上海リニアモーターは、中国での名前は、上海磁浮快速列車と言われていて、 「浦東国際空港」と「地下鉄2号線龍陽路駅」の全長約30kmを結んでいます。
上海リニアモーターは、最高時速432キロで走るリニア・モーターカーです。世界で最速の商業路線なのです。 中国上海にでの市内の移動手段は『エアポートバス』『タクシー』『ホテルシャトルバス』『リニア+地下鉄』となっています。 youtubeでは、動画を見ることもできるので上海のリニアモーターの雰囲気を味わいたい場合にはいいかもしれません。 浦東国際空港から、龍陽路駅までは、所要時間8分で到着します。 営業時間はAM7:00〜PM9:00までとなっています。15分に1本のペースで走っていますので駅に到着すれば比較的すぐに乗ることができます。 ちなみに、運賃は、片道50元、往復80元となっています。(当日のフライトチケットを見せれば片道40元で購入可能です。)
上海リニアモーターの乗り方ですが、切符売場で購入するか自動切符販売機で購入する方法になります。 自動切符販売機は、中国語なので、人がいる切符売場の方が買いやすいかもしれません。 比較的すぐ買えます。
リニアモーターに乗るまでは、上海浦東国際空港から入管と税関を通過した後国際線到着口を通ります。 案内標識版に磁浮と書かれているのでそちらへ進みます。リニアモーターという意味なんですね。 切符売り場では、当日のエアチケットをしっかり見せてくださいね。 運賃・チケット料金が片道1人40元になる割引はその日しか使えないので切符を買う際には絶対にお得です!

スポンサードリンク

リニアモーターカーに関連する商品はこちら

上海 リニアモーターカー 時刻表

上海リニアモーターカーの時刻表は当たり前ながら中国語です。 使い方の解説をしているサイトがありますのでこちらを参照してください。
■上海リニアモーターカー時刻表
http://www.hzinfos.com/traffic/shikebiao.htm
上海リニアモーターカーに乗る際には、制服を着た乗務員さんがお出迎えしてくれるんです! ただし、制服は、中国独特のチャイナドレスではなく青いどこにでもありそうな感じです。 上海リニアモーターカーの車内ですが、座席は左右3席ずつあって、約半分が進行方向とは逆になっています。 結構広々としているのでリラックスすることができますし、車内はとてもきれいです。 「浦東国際空港」と「地下鉄2号線龍陽路駅」の全長約30kmを最高時速432キロで走るのですが、 実は、2分もしないで時速239kmに達します。3分30秒後には最高時速432キロになっています。 この時は、乗っている人のほとんどが電光掲示板の写真を撮り始めます。 震動が少ないので本当に動いているのかが外が見えないとわからないくらいです。
中国上海に旅行や観光に行く際に気をつけた方がいいことは、電車の時刻表や営業時間、乗り方はもちろん切符の運賃・料金など そうですが、中国語の取扱いです。 中国語のある程度の言葉がわからないのと結構きびしいです。 英語が出来る中国人も多いですが、電車などではほぼ中国語オンリーなのでお金などについてはきちんと理解していった方がいいです。 特に、地下鉄で切符を購入する場合、中国語がまったくできない場合、結構煩雑に扱われるケースもあるので めげないようにしましょう。対処法は、ツアーで行くなどになるでしょう。 上海リニアモーターカーで楽しいひと時を過ごしてください。