すべり症について

スポンサードリンク

すべり症は骨がすべって、もともとあるべき位置からずれたところに出っ張ってしまい、その結果として出っ張った骨が神経を刺激して強い痛みを生じさせる病気のことで、背骨がすべる事で生じる「脊髄すべり症」や、腰の骨がずれる「腰椎(腰の骨のこと)すべり症」というのが一般的には有名です。 この腰椎すべり症の「症状が出やすい骨」というのもあります。腰椎はそもそも5つに分かれているのですが、骨盤とつながる仙骨と直接つながっている「第5腰椎」とその上につながっている「第4腰椎」は特にすべり症の症状を起こしやすいのだそうです。 さらに言うと、この腰椎の上には背骨(脊髄)や首なども乗っているので、この腰を痛めると体全体に悪い影響がくるのは明白かと思いますので、腰痛を感じたら病院などで早めに相談したり、予防として日ごろから体操を行ったり、古澤式腰痛改善プログラムなどを実行しておくといいかもしれませんね。

腰痛の改善方法

すべり症の症状について

すべり症の症状でもっとも顕著なのは「腰から足にかけてのしびれや痛み」です。その症状名として「坐骨神経痛」ということもあるので、ご存知の人もいるかもしれませんね(坐骨神経痛は病名ではないんですよ)。 症状はとても軽い人もいますが、椅子に座るのも辛い、立つのも辛い、歩くのも足を引きずってやっと…という方もいます。 この病気については、高齢になればなるほど症状が重くなると言いますので(これは加齢による背骨や腰骨の変成のためといわれています)、ご高齢の方は特に注意が必要です。 この坐骨神経痛が出たら、鍼灸なども悪くはありませんが、まずは整形外科で診察をしてもらって、正しい病気の判断をしてもらうのが大切です。治療のために古澤式などの腰痛改善プログラムや体操を利用したり、鍼灸院で見てもらうようにするのはそれからでも遅くはありませんよ!

すべり症の症状とヘルニア

「腰の病気」ということと症状が「腰痛や、臀部(お尻)から足にかけての痺れや痛み」ということから同じように受け取られるすべり症とヘルニア(椎間板ヘルニア)ですが、実際は病気の症状が出ている箇所が微妙に違うので、治療の方法も違ってくるのだそうです。 どのように違うのかというと、
・すべり症→腰の骨(腰椎)がずれて神経を刺激
・椎間板ヘルニア→腰椎や脊椎を繋ぐクッション部(椎間板)がずれて神経を刺激
…という違いがあります。実際もたらされる症状は同じですが、ヘルニアの方が骨のクッション的な役割を果たしているためか柔軟性が高く、古澤式などの腰痛改善プログラムなどの効果のすべり症より出やすい、という声もあります。 ですが、どちらの病気も放置しても勝手に治癒される病気ではありません。おかしいと思ったら早く病院に行って診てもらうようにして下さいね。