幼稚園 補助金

幼稚園に補助金をもらって通うことができることをご存じでしょうか。 地域や家庭の所得によって異なるのですが、補助金(助成金)を一定額もらうことができます。 また、受け取れる回数や額が変わってきます。自治体確認する必要がありますが、年間で2万円から12万円くらいになります。 補助金(助成金)はどうしても地域に納税されている額や家庭の所得に左右されてしまうのでしょうがないところがあります。 この補助金は、公立と私立の幼稚園ではあまり差がありません。 ですので、補助金なども考えると公立へ通わせる方がお得です。 親として悩むところは、公立の幼稚園は抽選を行うので入れないということではないでしょうか。 そうすると、小学校入学まであと1年だったりすると、もう幼稚園へ通わせなくてもいいかな?と考えてしまったりもすると思います。 ここで、高い教育費や入園費・入学費を払ってまでこどもを私立へ通わせるかどうかですが、結論から言わせると通わせた方がいいです。 理由は、5歳児までのこどもが小学校に入るまでにかなりのスピードで物事を学習します。 その際に、友達付き合いを覚えるとのちの教育がとても楽です。子供は大体10歳くらいまでに人格形成が終了します。 その中で甘やかせて育った子はその後もそのままになり、いつも怒られて育った子はびくびくして過ごしたりします。 ですので、養育費はかかりますが小学校入学までに色々なことになれて適切にフォローをした方が教育上はいいと思います。

スポンサードリンク

幼稚園の教育費などの本や商品はこちら

医学部 入学金 授業料

医学部の入学金と授業料で問題になってくるのが私立大学医学部の学費です。 私立大学に入学するほとんどの学生が、医者の息子か代議士や社長の事もになっています。ただし、一部の大学では何とかなるケースもあります。 現在、日本には私立医科大学が約29校存在します。 その中で、一番入学金と授業料が安いのが私立大学の医学部の中で偏差値レベルが高い慶応義塾大学医学部です。 慶応義塾大学医学部の入学金は、360万ほどです。授業料で200万円ほどです。 私立大学医学部の特徴として、学費が安いところと偏差値が高いところに学生が集中します。 私立大学医学部で、卒業するまでに、安く見積もっても2000万円ほどかかります。これくらいであれば奨学金とアルバイト、 親の給料でぎりぎりのラインです。初年度の入学金と2年目の入学金の資金を工面できるかがポイントでしょう。 慶応大学医学部と同等の入学金と授業料の学費の大学が順天堂大学です。 東京医科大、東京慈恵会医科大、日本医科大、などなどいくつも大学はありますが、一般的ですが、 私立医大の教育費は卒業するまでに平均9,000万円程度はかかると言われています。 大学は、国の補助金と学生からの学費などで補てんをおこなっています。 補てんを行うのが、学債や寄附です。寄付は一口10万から100万円、高いもので900万円くらいあります。 学債や寄附は義務ではないので払う必要はないのですが、雰囲気的に払わないといけない感じになります。 どうしても出費が多くなってしまいます。医学部へ入学を考えられている方は、この点を考慮されるといいでしょう。