足のしびれと腰痛の関係

スポンサードリンク

足のしびれ…というと、畳の上で正座を長時間したときなどに足の神経が麻痺したかのような状態になることを指しますが、この足のしびれにプラスして「腰痛」が来たら要注意。それは病気のサインであることがあるので、体の再チェックが必要です。 というのは、足のしびれは「腰椎(ようつい)椎間板ヘルニア」の初期症状のひとつで、最初は片足のしびれだけなのですが、ヘルニア(椎間板の出っ張り)が巨大化すると腰痛以外にも両足にしびれが出るようになり、状況が悪化すると運動神経などにも支障をきたし、強い痛みが出ることがあるので注意が必要です。 この腰椎椎間板ヘルニアの治し方としては病院でヘルニアを専門に勉強している医師に見てもらい、治療指導や手術を受けることが一般的ですが、最近は軽度のヘルニアならば十分に治療が可能な「古澤式腰痛対策マニュアル」など、ヘルニアにも有効なの通信教材がインターネットでも販売されているので、それを試すといいでしょう。

腰痛の改善方法

足のしびれとむくみ

足のしびれとむくみの共通点、それは「循環不良」。足のしびれの場合は「血液の循環が正しく行われないために神経がうまく機能しない」、むくみの場合は「リンパ管の老廃物や水分が循環せずに滞るために足が水分を多量に含んだ状態になる」と、それぞれ原因も症状も異なりますが、「体の循環が悪いために起こる」という共通した原因があるのはお分かりいただけるかと思います。 これの症状が悪化してしまうと、実は腰にも負担がかかってしまうので、腰痛の原因にもなってしまうことがあるのだとか。 ですが、足のしびれもむくみも、運動でこの症状を改善することができます。いすに座って足をぶらぶらと動かしたり、足首の曲げ伸ばしを行うだけでもずいぶんと楽になることもあります。病院に通う前に、まず試してみるといいですよ。

腰痛による足のしびれの治し方

正座を崩すと腰痛と足のしびれが同時に来る、という方は「ヘルニアの治し方」を実行することで腰痛と足の病気を取り去ることもできるのだそうです。が、腰痛などの病気は骨や筋肉の位置がずれてバランスが崩れたことが問題になることも多いので、一気に治そうとせずに、ゆっくりとバランスを整えていくことが腰痛などの治療の大切なポイントになるのだそうです。 そのため整体に通ったりしても、実際に治療効果を実感するのは何回か通った後で、初めて来院したときには全然痛みを感じなくなった、ということはないのだそうです。それでも毎日どうにか治療して効果をはやく実感したい!という方は古澤式の腰痛改善マニュアルなどを実行してみるのもいいでしょう。その場合は「きちんとマニュアルを読んで、正しい方法を実践する」のが、早く治療効果を実感する近道になると思いますよ!